topimage
トップページ ルーテル教会とは 全国の教会 関連事業 るうてる法人会 諸活動・運動体

 

イベントアピール
バイブルエッセイ
機関紙るうてる
アーカイブ
聖書日課
教会讃美歌
TNG次世代育成
お問い合わせ
サイトマップ

ブラジル伝道

luther2017

 

 

 

 

 

ルーテル世界連盟とバチカンが宗教改革500周年を前に歴史的文書を公表
english

ルター研究所
所長 鈴木  浩
暫定的私訳(その1)

fromCtoC ルーテル世界連盟とバチカンは、宗教改革500周年を前に、足かけ5年をかけてまとめられた「対決から交わりへ」(From Conflict to Communion)と題された歴史的文書を6月17日に発表した。この文書には、「ルーテル教会とカトリック教会が2017年に共同で行う宗教改革記念」(Lutheran-Catholic Common Commemoration of the Reformation in 2017)という副題が付けられており、「一致に関するルーテル=ローマ・カトリック委員会の報告書」(Report of the Lutheran-Roman Catholic Commission on Unity)という形を取っている。この委員会のルーテル側の委員として長く貢献されてきた徳善義和ルター研究所前所長の後任として、この文書をまとめる作業に一部だけだが関与した者として、取り急ぎ報告をしたい。なお、この委員会には、バチカンとルーテル世界連盟からそれぞれ10人の委員が派遣されており、双方から共同議長、共同秘書が出ている。
 カトリック側の共同議長代理でフルダの補佐司教カールハインツ・ディーツと、ルーテル側の共同議長でヘルシンキの引退監督エーロ・フオヴィネンによる「まえがき」には次のようにある。

 

まえがき

 正面から神と向かい合ったマルティン・ルターの苦闘は、彼の全生涯を突き動かし、それを規定した。「どうしたら私は恵み深い神を見いだすことができるのか」という問いは、ルターを常に悩ましていた。ルターはイエス・キリストの福音の中に、恵み深い神を発見した。「真の神学と神認識は、十字架につけられたキリストにある」(『ハイデルベルク討論』)。
 2017年、カトリック教会とルーテル教会は、イエス・キリストの福音を中心に据えることによって、500年前に起こっていた出来事を最もふさわしい形で振り返ることになるであろう。神は人間のためにご自身を献げられ、われわれを神と神の教会との交わりへと招いておられることを世界が信じることができるように、福音は祝われ、この時代の人々に伝えられなければならない。ここにこそ、われわれの共通の信仰をわれわれが共に喜ぶための根拠がある。
 この喜びには、歴史の中だけでなく、今この時にも、自らを批判的に鋭く見つめる責務も含まれている。確かに、われわれキリスト者は、福音に常に忠実だったわけではな