バイブルエッセイ

2011年のバイブルエッセイ一覧

1

「あの方は復活なさったのだ」


ルカによる福音書23章26節〜24章11節
春先、あるご高齢の方が召天されました。葬儀の際、ご家族が介護をしていた時の様子が思い返されました。「お父さん」と声をかけ、顔をさすり、手を握る。その時と同じように、丁寧に葬りをされる様子を見た時、悲しみに秘められた「新しき命」の萌芽を見るような思いでした。十字架と復活の間に、イエスを愛していた人々は何をしていたのでしょうか。詩人ウェンデル・ベリーは、イエスの死を嘆き、葬りの準備をする「婦人たち」に復活への道筋を見ています。

〝私は十字架のキリストを知っている。
肉体と時間と私たちの苦悩のすべてのために御自身を犠牲にされた
神の独り子を。
彼は死んで甦られた。
しかし彼の痛み、孤独、死に際の真昼の闇に、だれが打ち震えないでいられるだろうか。
マリアのように、彼は死んだものとあきらめて、その墓で嘆き悲しむことがないなら、復活の朝は永遠に来ない。〟

 十字架の出来事には、マグダラのマリヤ、ヨハナ、ヤコブの母マリアなど「婦人たち」と呼ばれている一群がいました。2000年前のキリスト証言の大事なところをこの人たちの素朴な行為が担っています。「嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った」(23・27)と印象深くルカは記します。イエスが息を引き取られる時、「遠くに立って、これらのことを見」(23・49)、イエスの遺体が納められる有様を「見届け」(23・55)、「家に帰って、香料と香油を準備した」(24・56)。葬りの準備をし、墓場に行き、「空の墓」体験をした人たちであり、「死んで葬られる」イエスに伴ったのはこの人たちでした。そこに最初の復活の知らせが刻まれます、「なぜ、生きておられる方を死者の中に探すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」(24・6)。イエスの十字架を嘆き悲しんだのは弟子たちも同じですが、その嘆きは同じものだったのでしょうか。自分を嘆いていたのか。イエスの死を嘆いていたのか。いずれにせよ、十字架のイエスと「婦人たち」との距離は、弟子たちのそれと比べ、とても近いものでした。
 生きているイエスを熱烈に歓迎し、従うものは多くおりました。魅力あるもの、未来あるもの、何かを実現してくれる力に人は惹かれます。しかし「死んで葬られる」イエスに伴うものは多くはありませんでした。十字架は無意味で、復活の知らせが「たわ言」(24・11)のようであったのは、生きているイエスだけが大切であり、死んで葬られたイエスは、弟子たちであっても、置き去りにするしかないものだったのかもしれません。しかし十字架のイエスに伴い、看取り、葬りの備えをする人たちが求めていたのは、意味ではなく、愛です。
 もし人が、日々をただ朝が来て、ただ日が沈む繰り返しではなく、復活の希望と共に朝を迎えるならば、その真昼の闇でさえも、どんなに貴いものであったかを知らされもすると詩人はうたいます。この「婦人たち」にまっさきに良き知らせが伝えられたのは偶然ではありません。復活はただ死んだものが生き返ったという時計の針の巻き戻しではなかったのです。当たり前のように、生まれて朽ちていくという染み付いた考えが、崩れ去る時でもあるのです。復活の知らせは、私たちが生まれる前も、生きて死んだその後も、永遠の命が神の許にある、という良きおとずれなのです。ルカが伝える「婦人たち」の葬りの備えは、知らず知らずに、復活の備えでもあったのです。死がすべての終わりではなく、新しい命のはじまりであると。終わりからはじまる。痛みにふるえ、孤独と闇を共にし、途方にくれることは、永遠のいのちと切り離されてはいないのです。どうして生きておられる方を死者のなかに探すのか。あの方は復活なさったのだ!
博多教会牧師 宮本  新

ページトップへ

[緊急アピール]   東北関東大震災救援活動についてのお願い

対策本部ブログも開設しました。http://lutheran-tonaribito.blogspot.com/

主のみ名を賛美いたします。
 去る3月11日に起きた地震、津波による大惨事、「東北関東大震災」により、亡くなられた方々が神の慈しみにより、平安を賜るようことを心よりお祈りしますと共に、傷つき、家族、家、その他多くのかけがえのない大切なものを失い、悲しみの内にある方々の上に神の憐れみと慰めが注がれ、復興に向けての生きる力が与えられますことを心よりお祈りいたします。
 日本福音ルーテル教会は、3月14日、救援対策本部を設置して募金の呼びかけと情報収集を開始いたしました。
 今後、救援対策本部は被災地区の教会(仙台・鶴ケ谷)と連絡を取りつつ、諸教派(カトリック教会、聖公会等)の活動と協働しながら必要な支援活動と救済活動を進めていくようにいたします。
 救援対策本部を中心に推進される救援募金及び支援活動に各個教会、教区、関連施設からのご協力をよろしくお願いします。

  2011年3月15日                          
日本福音ルーテル教会 総会議長 渡邉純幸/救援対策本部長 青田  勇
***************************************************************************************************************************

▼緊急募金の送金先▼
募金を捧げてくださる場合には、郵便振替用紙に「東北関東大震災」と明記して、以下の口座に送金くださるようにお願いします。

郵便振替:00190-7-71734   名義:(宗)日本福音ルーテル教会

*************************************************************************************************************************

▼海外からの募金送金先▼
BANK
BANK NAME : SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATIO
BRANCH NAME : SHINJUKU NISHIGUCHI BRANCH
BRANCH ADDRESS : 1-7-1 NISHISHINJUKU SHINJUKU-KU TOKYO JAPAN
BRANCH NO. : 259
SWIFT CODE : SMBCJPJT

PAYEE
JAPAN EVANGELICAL LUTHERAN CHURCH
A/C NO. : 0501597
ADDRESS : 1-1 ICHIGAYA SADOHARA CHO SHINJUKU KU TOKYO 162-0842 JAPAN
TEL# : 03-3260-8631

ページトップへ

ビッグバンと「光あれ」


「創世記」は聖書の中でも特によく知られ、とりわけ冒頭にある天地創造の物語は、一度は読んだことがあるかもしれません。宇宙の起源、そして最初の人類が誕生する様子の「情景描写」が書いてあるので、とても興味をひきます。そのときの様子を一人のジャーナリストが現地取材し、それが天地創造の話になった・・・。そんなはずはもちろんないのです。ですからこれはノンフィクションではありません。だとしたら天地創造物語は、昔の人が空想して書いたファンタジーであって、今日、人間と宇宙の起源を探るのに利用価値はまったくないのでしょうか。聖書のお話しは、単なる「おとぎ話」にしかすぎないのでしょうか。現代科学の眼と理論で考えようとすると、そういう結論にしたくなります。

「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた、『光あれ。』こうして、光があった。」(創世記1章1−3節)
混沌の闇しかなかった空間に、突如光が輝いて宇宙ができたと、この古代のテキストは記しています。
では宇宙物理学は宇宙の始まりをどう説明するでしょうか。ビッグバンという大爆発から始まった、これが科学の定説です。真っ暗闇の中で突如起こった大爆発は、さぞかしものすごい光を放ったことでしょう。
そう、「こうして、光があった」のです。科学理論と聖書の記述が、表現こそ違え一致したのです。宇宙衛星と最新天体望遠鏡を使い、世界の科学者が膨大な時間とコストをかけてはじき出した答と、古くから語られ続けてきた創世記物語の一節が、見事に一致しているて、とてもおもしろいと思うのです。
ビッグバンと「光あれ」。表現が違いますが答は同じです。一般に、科学と信仰はまったく別物で、お互い相容れぬものと見なされます。ところが宇宙の起源について、科学の理論と信仰的インスピレーションというふたつのまったく異なるアプローチが、このように同じ結論を導き出したことに、ただ素直に驚きと感動を覚えるのです。

ページトップへ

名もなき星たち?


谷村新司が歌った[昴(すばる)]に「ああ さんざめく 名もなき星たちよ・・・」 という一節があります。確かに空気のきれいなところで見る夜空には数え切れないほどの星が輝いていて、そのほとんどが「星くず」と呼ばれるような名もない小さな星たちです。
 聖書もまた、数え切れないほどの多さをたとえるのに星の数をあげています。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい」と、神はアブラハムに語りかました。
 しかし聖書は同時に神がそれらの星の数を数え、一つ一つに名をつけておられる、と告げています。「主は星に数を定め、それぞれに呼び名をお与えになる」(詩編147編4節)。このような神の能力は驚くべきものです。
 私たちの世界では特に大きく輝く星、人々からぬきんでた者だけが「スター」と呼ばれ、他の多くの人々は「名もなき星たち」です。自分を「小さなもの」と思っている人は特にそのように考えているのではないでしょうか。しかし天地を創造された神はすべての星の名を呼び、またすべての人の名を知っておられるのです。大きな星だけでなく、小さな星も忘れてはいないのです。神には「その他大勢」という言い方はないのです。
 そしてもうひとつ大切なことは、星が大きい、小さい、というのは地上にいる人間の見方にすぎない、ということです。小さく見える星は遠くにあるから小さく見えるだけで、実際は大きく見える星よりももっと大きいのかも知れません。反対に人間には大きく見える星が実際には小さな星であったりします。私たちは自分や他の人を「小さな人」と考えたとしても、神様の見方はそうではありません。自分のことなんか、誰も気にも留めてくれない、とか、私には何の価値もないと、地上にいる人間の目で評価を下してはなりません。天におられる神はあなたにこう語りかけられます。「私の目にあなたは値高く、尊い・・・」イザヤ書43章4節。あなたは神の目にはかけがえのない、誰もあなたの代わりはいない、ただ独りの「あなた」なのです。(K.S)

ページトップへ